スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また更新さぼってしまった・・・

親子企画のフリーチャートは、2月が今週で終わるということに数日前に気づいた兄ちゃんのお尻を叩いて描いてもらってます。
なかなか時間がね・・・
一応、3月はお花です。

ステッチも進まず、何をしとったんかいな?と言うと
千里眼シリーズを2冊連続で、後催眠も読んだし松岡ワールドにどっぷりでした。

そのあと、3回目か4回目に読む「そばかすの少年」読んで
「リンバロストの乙女」読んで・・・間に合いそうにないけどひな祭りもののステッチに手を出し。
パッチもやりたくなってきたし、時間が足りへ~~ん!(笑)

ひな祭りのチャート、エンジン全開でステッチするよ~~!!



スポンサーサイト
[ 2009/02/25 12:15 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

少女レベッカ

また読んでました「角川文庫 マイディアストーリー」。
本棚を見てみたら、全部揃えてないや~~ん!
古本屋さんとか回って探してみようかな。
GWにお出かけ予定ないしね、お弁当持ってサイクリングくらいやし。

少女レベッカですが、
タティングレースも出てきたのよね。
ドレスの飾り♪
続編のレベッカの青春では、
主人公がタティングしながら色々考えてるってところも。
いいなあ、タティングレースの縁飾りしたドレス。
お嬢の服にも応用できそうかもね~

よっしゃ!お母ちゃんは修行するで~~

モチーフのキルト、停滞してます。
型紙が一枚どこかへ消えたのよ。
新しいの作ったら出てきそうやわ~
やっぱり、すぐにジッパー付袋に入れとかなあかんね。

[ 2007/04/28 15:06 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

ちょっと読書

病院の待ち時間(膝の診察ね)に読み始めて、そのままどっぷり本から出てこれずに昨日は午前中何もせずに読んでました。
洗濯物も干さねば~と頭の片隅で思いつつ、やめられなかったのよ。(笑)

「八人のいとこ」と「花ざかりのローズ」
共に角川書店の本なんだけど、今は絶版みたい。
表紙が赤いチェックのシリーズで、たぶん全部持ってるかもです。

八人のいとこの方は訳者が村岡花子さんで、人によっては文章の好き嫌いがあるかもしれないけどね。
私は好きだけど♪

ローズの後見人のアレックおじさんの親ばかぶりがお気に入りでした。
うちのお嬢もローズみたいに育って欲しいなあ。
女の子に読んでほしいけど、親も読んでほしいと思う。
子供を育てるっていつの時代も芯のところは変わらなくて、
愛して向き合って一生懸命でなくちゃダメなんだと思えるお話しでした。
自分勝手な育て方って、今も昔もろくな人間に育たないのよね。
ちょっと考えさせられたわ~
反省反省。



[ 2007/04/22 14:33 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

また本の話題 守り人シリーズ

注文してた第3部が届きました~♪
兄ちゃん「お母さん先に読む?」って・・・
めっちゃ読みたいくせに一応は聞くのね。(笑)
「一日で読め!」とは言っておきましたが、
ヤツはのんびりじっくり読むほうなので数日かけて読むだろうなあ。
夜に横取りして読んじゃおうかなあ♪



1部・2部・3部とあまり間をおかずに発行されて、
早く続きが読みたいぞ~!という気持ちを満足させてくれるけど
楽しみがあっという間に終わってしまうのか・・・という思い。
葛藤ってこのこと?(笑)
登場人物たちに思いっきり感情移入してしまってるので、
ちょっと危ないおばちゃんになってるかも。

この守り人・旅人シリーズは本当にお勧めです。
児童書ですが、大人が読んでも楽しめると思います。
あくまでも個人的な意見ですが・・・

我が家に「上橋菜穂子」本棚ができるのも遠くないような予感。
ブログも本だけ別にしちゃおうかとも思うのよね。
かなり偏るけど。(爆)


[ 2007/02/21 11:06 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

お嬢の本棚

うちのお嬢が好きな本、
お菓子・お料理→こまったさん・わかったさんシリーズとか。


森のねずみシリーズ(これはお嬢も大好きで何冊か持ってます)


うさぎのおみせやさんシリーズ


ティモシーとサラのシリーズ
(全部持ってると思ってたら、新しいお話しが出てた!買わねば~~)


魔女図鑑


忘れちゃいけない!クレヨン王国シリーズ


どれだけ本があるのじゃ~~!?ってくらいある・・・(笑)

[ 2006/09/05 13:57 ] 読書 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。