スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さてさて、ペリカン文書

ダンナさんもおもしろかったと言い、
どこだったか忘れたけどブログにおもしろかったとあったので
たまたま家にあったし~読み始めたけどね・・・
まだまだファンタジーの沼から抜け出てなかったようです。(笑)

なんか集中できへんので、
図書館で借りてきた「盗まれた記憶の博物館」ラルフ・イーザウに手を出してしまいました。

この間読んだ「ファンタージェン 秘密の図書館」よりおもしろい~
昨日から読み始めて上巻は読んでしまいました。
だから、ちょっと首が凝ってるし目が疲れた。(爆)

そして、腱鞘炎のリハビリしながら読むという怠惰なことを思いついたし。
お湯を張った洗面器を横に置いて(テーブルの上)、
指の曲げ伸ばしをしながら読書!ぎゃはは
これがなかなか良い感じ。

ぼぉ~っとやってるより、本を読みながらのほうがゆっくり時間かけてできるからナイスな思いつきやったかも。

秘密の図書館は、やっぱり「はてしない物語」が土台やから
ちょっと違和感みたいなものがあったけど
「盗まれた・・・」の方は完全に自分の文章で書いてると思う。
そやから読んでる方も気楽なのかも。

「暁の円卓」もリストに入ってしまい、
腱鞘炎が治るまで読む本には困りそうもないけど
やっぱり針と糸・布が恋しいのであります。
スポンサーサイト
[ 2006/07/21 16:15 ] 読書 | TB(0) | CM(4)

No title

博物館に図書館か~なんかミステリーっぽくて面白そうやン♪
ミステリーと言えば、子供の時はアガサクリスティーにはまってました。
私の最近読んだ本、三島由紀夫『春の雪』『潮騒』『女神』
わざわざ古典的な純文学読みたくなる時がある。
三島も芥川も太宰も皆自殺してるね。
小説家の頭の中って摩訶不思議だわ~っていつも思う(笑)
[ 2006/07/22 11:11 ] [ 編集 ]

No title

好んで読んでるファンタジー好きなおばちゃん。(笑)
純文学ってあんまり好きじゃないのよ~
頭の中身が成長してないんだろうね。(爆)

芸術家も不思議だと思う・・・失礼だけど。
作りがちがうというか、感性がちがうんだろうね。
[ 2006/07/22 14:31 ] [ 編集 ]

No title

いやいやぷんちゃん。
純文学と言っても三島は結構えぐいので・・・(笑)
ファンタジーのほうがよっぽどピュアだよ~。

ぷんちゃんがピュアなんだよ。ぅんぅん。

小説家も芸術家も秀でた人は、常人には理解しがたい感性持ってるよね~!それが面白いんだけど・・・(笑)




[ 2006/07/22 15:16 ] [ 編集 ]

No title

こりゃまた嬉しいお言葉~
最近、イライラして腹黒くなってるんだけど・・・
だからファンタジーにどっぷりなのかもね。(笑)
お嬢がいなかったら、とっくに壊れてたよ。
[ 2006/07/22 15:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://momenito7216.blog.fc2.com/tb.php/205-dc40212f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。