スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

灯台のあかり 春うらら

お嬢をイメージしながら作ると、俄然やる気の出る親ばかぷんちゃんです。(爆)
「可愛い~~♪」というお嬢の感想を受け、やっとトップが完成。
写真撮ろうとしてたら、「苺の向きはこっち!」と変更されつつ撮影。
最初のイメージ通りの布合わせになったかな、
やっぱりまず色を塗ってイメージを固めるのって想像であわせるより布選びが楽でした。
根が行き当たりばったりな性格なので、これは大きな収穫でした。



次はキルト芯と裏布やね~
しつけだしつけ!
早くキルティングに入りたいけど、縫い代が思いっきり重なってるからなあ。
裏布はどれにしようかな、選ぶのもまた楽し♪


水色の布とピンクの水玉は薄手のブロードなのです。
ピンクの方はお嬢の袋物をパッチで作ったことがあるので、
これくらいならそう縫いにくくはないかなと使ってみました。
水色のも同じ程度の薄さで、明るい水色と柄が飛び飛びなので使えそうだなあと。
実はこの水色の布、私の妹が姪の浴衣を縫った布なんですね~
浴衣と一緒に余った布も貰っておったのです。
綺麗な水色なので、これはいつか使える!と思って10年くらい熟成してました。(笑)

そして、一番縫いにくかったのが白のレース地!
実家の母が夏のブラウスでも作ろうと買ってあったものを、
脳梗塞(軽かったけどね)を患いメニエール病も出てしまい
縫い物をするのが辛いからとごっそり貰ってきた布の中に入っていたもの。

一年中春うららなお嬢をイメージして、
意地悪おばさんに傾きそうな母のほんわか灯台さんなのです。
スポンサーサイト
[ 2007/03/09 15:50 ] パッチワーク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://momenito7216.blog.fc2.com/tb.php/328-e86ba7e7












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。